今期、あまりドラマは見ていないのだけど、
(深夜は見ているけどゴールデンはどうも面白くなくって。)
「昼顔」だけはリアルタイムで見ている。

「次はどうなるのか!?」とストーリーが気になってしょうがない。
伊藤歩が怖いっ!怖すぎるっ!
美人がキレるとおっかない!

伊藤歩。
以前、内野聖陽さんの舞台「Black Bird ブラックバード」で、「ほぼ2人芝居」な状況で内野さんと出演していました。
当時はまだ硬さがあって、声が高くて「なんか、キンキンするなぁ。」と思ったけど、「昼顔」の役のようなエキセントリックな役柄が合うのね。
「GANTZ」の時も無表情で怖かった。がく〜

現在視聴中。
続きが気になる〜ラッキー


このブログの成分解析はコチラ♪ ぽちっとひと押しで応援よろしく!
ブログランキングならblogram
 
JUGEMテーマ:伊藤歩



アンのゆりかご―村岡花子の生涯

「カーネーション」以来、朝ドラは興味がなくて見てなかったのだけど、久々に面白いと思った朝ドラ、キター!てれちゃう

連続テレビ小説 花子とアン」。
赤毛のアン 」を日本で初めて翻訳した村岡花子さんの一代記。
こういう昔の女性の一代記がワタシは好きなんだなぁ。

第1週目から赤毛のアン へのオマージュのようなエピソードが赤毛のアンのファンの心を揺さぶりますわニコニコ

JUGEMテーマ:尾野真千子

 
最高の離婚 DVD-BOX  

連続ドラマの時も見ていたけど、期待通りの面白さでした。
ラストは想像したのと違っていたんだけど、想像したラスト通りになったとしても、「面白かった」という感想だったと思う。
ストーリーがどうなるのかが重要じゃない!
そこにいたるまでの「会話」の内容が重要なのだ!


オノマチ、瑛太、真木よう子の長ゼリフが毎回すごいなぁと思っていたけど、オノマチ、真木よう子のセリフには毎回、そうだなぁ。その通りだなぁ。と共感しまくってました。
普段、「女女している」ほうじゃないと思っている自分でも、この二人のセリフに共感するわけで、あー。ワタシって女なんだなぁ。と気づかされるドラマでした。

オノマチのちょっとたれ目がかった目で笑っていたり、きょとんとしている顔が魅力的だなぁと思うけど、「最高の離婚」のオノマチは、怒って泣いてブチ切れている場面がさらに魅力的。
もう、見ていて切なくなってくる・・・。
光生に理論でやりこめられて、変なブチ切れ方をしているシーンもあるけど、それも含めて魅力的。
朝ドラの「カーネーション」も良かったけど、それとはまったく異なる「人」である結夏もひとりの人間として成り立っている。

コミカルな場面はとことんコミカルだし、緩急のつけ方ハンパない。
これからいったい、何度録画したものをリピートするのであろう。

まだ見ていない人!
4話と最終話が秀逸です。
特に4話の結夏の長ゼリフ。ワタシ、泣いてしまったですよ。
単純にドラマに感動した、ではなく、結夏に感情移入しすぎて「もらい泣きした」といったほうがよいかも。
そのくらいのめりこみました。
最終話はそれまでガンガン長ゼリフでやりあった結夏と光生だったけど、目黒への帰り道。
2人の会話でなく「間」で表現されているところがすごく良い。その対比が面白いのです。

それにしても。
光生はダメな奴だなぁ。
きっちり、しっかり、真面目で浮気の心配もない男。光生が実は人の感情には鈍感で、
ガサツで粗忽。雑・ザツ・大雑把な結夏が実は繊細でいろいろ考えていて。
連ドラの1話から見ていくと、だんだんと登場人物の見え方が変わってくるんだけど、ダメ光生もやっぱりいい奴で。
脚本の妙に魅せられたドラマでした。

ってか、あの終わり方なら、また続きやってよ!!!
そっから先が気になるじゃないか!!!


↓このブログの成分解析はコチラ♪ ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:八重の桜

やっと綾瀬はるか登場。
子役の「小八重ちゃん」もかわいかったけど、大人になった「大八重ちゃん」は、男性に混じって米俵を担いじゃうくらい、たくましいです 
小八重ちゃんに「鉄砲を学び、習得し、教える立場になる」ことを試し打ちした鳥を目の前にして教えてくれる父ちゃんの松重豊も、これまたいい!


JUGEMテーマ:八重の桜

やっとはじまりました!大河ドラマ「八重の桜」
久々に「画面がきれい」で「女性が見ても面白い」大河が始まった!
「龍馬伝」では、日本に1台しかないカメラだかなんだかしらないけれど、やたらほこりっぽい画面に「地デジの意味、ないじゃん!」とイラっときた
2011年の「江」は、女性が主役ということで着物などがキレイなのはキレイだったけど、「ファンタジー大河」で他のことが気になってドラマには集中できなかった。
そして2012年は悪名高き「平清盛」。さらに画面が汚くなった
お年寄りとか目に障害がある方にとっては、本当に見づらい画面じゃないか!?と、視聴者目線でない作りにイライラしてました。
やっと久々に「まともに見れる」ドラマが戻ってきた。

しかも久々の幕末! やっぱり幕末は面白い。
ワタシの中では「龍馬伝」は無かったことになってるので、ほんとうに久々な感じがします。

新島八重。
大河では珍しい「普通の人に近い人物」が主人公。
知名度が無いことが懸念されてましたが、この人、本当に面白い人生を送っているのです。
「白虎隊」がテーマのドラマで出てくることがありますが、戊辰戦争がはじまって会津の鶴ヶ城での籠城戦になった時に、女ながら、銃で応戦した人物です。
オープニングの「銃を打っている姿」は本当の出来事です。


なんなんだろう。この面白く無さ。

大河ドラマは好きでだいたい見てるけど、今回はびっくりするほど面白くない。
脚本の藤本有紀さんは朝ドラの「ちりとてちん」の作家さんで、ものすごく面白い本を書く人だったから、楽しみにしていたのに。
いかんせん、朝ドラでは「視点が他のドラマにはないユニークさで面白い!」なんだけど、大河ドラマには斬新過ぎたか・・・。
なんか、なにもかもが頭に入ってこないで、頭に入る前に跳ね飛ばされちゃってる感じ。
キャストもベテランばかりで、、マツケン以外は役の年齢に対して実年齢がわりと高くて安定しているはずなんだけど。

そう、まるで

まったく風習も言葉もわからない外国語の劇を見ているみたい

すごくうまいこともわかってる。
俳優女優も魅力的。

なんだけど、ひとつひとつのエピソードが頭に入ってこないし、全然ピンとこないんだよな・・・。

平清盛では物語にならないところを、無理やり他の人物やエピソードを持ってきて膨らませている感がアリアリ。

これ、40回でなく、20回くらいでよかったな。

ということを日曜日、久々にリアルタイムで大河を見ながら思ってしまった。
なんなんだろう。この面白く無さ。


ストーリーは面白くないんだけど。
久々に素敵だったのが、オラメン玉木宏の源義朝
あうぅ。やっぱり玉木宏。ステキステキ〜!
と、のだめ口調になってしまう

あとは、マツケンだな。
やたら半泣きで怒鳴ってごねてるばかりの清盛にはなんの魅力も感じません
家来としてついていきたいと思うほどの魅力があるわけでなく。

Yahoo!ニュースのコメにもあったんだけど、「そもそも日本人は平氏が嫌い。」とな。
ほんとそう思うよ。決して好きになられるような対象ではないだろうな。
とうとうワーストの12.6%になってしまったようだけど、弁慶は芸達者で「ちりとてちん」でよい演技を見せてくれた青木のムネムネだし、ここはしっかりとイケメン義経をアサインして、盛り上げてもらいたいもんです。

あ、義経はHey!Say!Jumpの山田涼介くんきぼんぬ
やっぱ、義経は徹底的にイケメンじゃないと!

↓このブログの成分解析はコチラ♪ ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogram投票ボタン


「続きは映画へ」にならなくてよかったです。 

たくさんちりばめられたいろんな伏線やキーワードがすべてクリアーになって「長かった〜。」けど、最後まで作りこまれていて2時間あっという間。
久々におもしろいドラマを見たなぁ。

JUGEMテーマ:日曜劇場 JIN−仁−

満足。満足。大満足。
昨日の「JIN - 仁 - 」の内野聖陽の龍馬の最期は天晴れでした。

登場したのはドラマの前半だけなのに、最後までその印象薄れず。
初めて内野さんの演技を見た人はその鬼気迫る演技にびっくりしただろうけど、NHK 大河ドラマ 「風林火山」 iconで山本勘助を演じた時の印象が残っているワタシには、比べると、逆に穏やかに感じられた最期に感じられました。

 
なんだーかんだーあろうとも、内野聖陽がやっぱり好きなのです
やっぱり内野龍馬は素敵
いろんな人が坂本龍馬を演じたけど、一番可愛らしいチャーミングな龍馬かと。
土佐の人々にも「ここまで土佐弁を完璧にこなせる人はいなかった」と言われるほどのハマり具合。
どっぷり入りこんでいるところも素敵なのです。

ここんとこ「臨場」「JIN」とドラマや映画の出演が続いていて、舞台に戻ってくるのは1年に1度くらいになってしまったのが残念。
やはりこの御方は舞台が映える。
「JIN -仁-」の今日の放送分を見ながらこれを書いているけど、「世界の国のおなごとアヴァンチュールじゃき。」らへんのやりとりなんて、「ベガーズ・オペラ」の時の「女好きの追いはぎ」を思い出してしまった。

で、内野龍馬と同じくらいハマったのは、西郷隆盛演じる藤本隆宏。
この2人、5年くらい前にも舞台で共演してまして。
東宝ミュージカル「エリザベート」。内野さんの記念すべきミュージカルデビュー作。
この時の藤本さんは青年革命家「エルマー」を演じていて、今の恰幅のよい「西郷どーん」といった風格ではなく、背は高くすらっとしていて「熱い思いを持った美青年」って感じでした。
オリンピックにも出た水泳選手でありながら、劇団四季に入り経験を積んだだけあって、歌もすごくうまいのです。とてもきれいな美声をきかせてくれました。
内野さんと比べて出番は少なかったけど、その二人が今、こうして主要人物として共演しているのはちょっと嬉しい
藤本さん、本当に「美しくて恰好よい」かったのですよ。
プログラムを見て「誰だこれは!?」と思ったもの。

今日は近江屋の遭難をとりあげるみたいだけど、うぉ。舞台が近江屋でなく、寺田屋に変わってるし、亀ちゃん演じる中岡慎太郎が単独で暗殺されたぞ。
史実と全く異なっているけど、あと10分でどう展開するかが楽しみだわ。

ってかあれだね。勝先生は、もう仁先生が未来の御方だと、わかってるでしょうな。


↓このブログの成分解析はコチラ♪ ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogram投票ボタン

JUGEMテーマ:ミュージカル
JUGEMテーマ:NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲


昨日から始まったNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲 」。
原作は読んだことないし、とっつきにくい日露戦争の時代の話ときいて、第一部はついていくのが大変だったんだけど、何度も見返すうちにやっとわかってきました。

第二部が始まったばかりだけど、第一部の時から心の中で叫んでました。

藤本隆宏さん、かっこよすぎます!
 
続きを読む >>


Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM