■原題 『JEUX D'ENFANTS(仏)』 『Love Me If You Dare(英)』

■監督  ヤン・サミュエル

■キャスト
  ジュリアン:ギョーム・カネ  ソフィー:マリオン・コティヤール

■ストーリー   :★★★☆☆  ■映像   :★★★☆☆
■音楽      :★★★★☆  ■総合評価 :★★★☆☆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■コメント■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2004年11月。この機会を逃したら見に行けない!と、
ボジョレー解禁日に午後休を取ってまで見に行きました。
試写会情報が流れた時からずっと見に行きたかったんだよね〜。


まず、宣伝ポスターにやられた! か、かわいすぎる!
http://www.albatros-film.com/movie/sekai/home.html
色使いがとてもおしゃれでおもちゃ箱のよう。

それもそのはず。
監督をしたヤン・サミュエルはイラストレーター・漫画家・絵本作家といろいろな顔を持つ人です。
これが長編デビューとなるらしいんだけど、フランスでは公開初日に
興行成績トップになったそうな!
幻想的な作品の仕上がりから、ティム・バートンと比較されることが
多いようですが、あちらは影の黒とか雪の白とか空の青とか固体の
ものひとつひとつの色を印象的に表現するのに対し、
(シザーハンズのラストの雪なんてとても印象的でしたね。)
こちらは虹色の色使い。
グラデーションといった感じです。
子供の頃の空想シーンなんて、「飛び出す絵本」のようにメルヘンチック。
絵本作家のバックグラウンドをもつだけあります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ストーリー ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

文章にすると至ってシンプル。主人公の少女と少年の様子を30年に
わたって眺めていきます。
ホームページやパンフレットにこういう案内文がある。

 『これはある1つの“ゲーム”にとらわれた2人の長い長い“愛のお話”です。』

だけど単純な初恋ストーリーで終わらないのがフランス映画!

ソフィーとジュリアンは幼なじみ。
ソフィーはポーランド移民の家庭に生まれた女の子。
学校ではそれが元でいじめられっ子。
ジュリアンは大好きなお母さんが病気で寝たきりになりがち。
父親からは理解されず、寂しい思いをしている男の子。

こんなふたりがはじめた「ゲーム」。

 『「ゲーム!!のる? のらない?」「もちろんのるさ!」
  相手に「条件」を出し、それがクリアできれば次は相手の番。』


先生に汚い言葉を使うは、お姉さんの結婚をぶち壊すわ、辛い現実
から逃げ出すようにこのゲームにのめりこんでいきます。

 『お互いのことを好きだと認めるということを除けば何でもやった。』

そして迎えるラスト。
ハリウッド映画なら、あたくしの大好きな『恋人たちの予感』
のように
 「10年たって、お互いが一番大切だとわかりました。終わり。」となるのでしょうが、そこはフランス映画。一筋縄ではいきません。

ま、ラストに関しては賛否両論でしょうなぁ〜。
私も見終わった後には「え!?なんで!?」と思いました。
今となっては、「それもアリなのかなぁ〜」なのですが。
ラストは意見が分かれるところなので、「面白いから絶対見て!」と
素直に薦めにくい映画であります。
「大人のおとぎ話」と評されていたけど、「自分のやりたいこと」
よりも「いかにまわりに迷惑をかけないか?」を重点に置く
「自己責任論」が生じる日本人にはとうてい理解できない世界かもしれません。

ポスターのデザインに魅かれ、デートムービーとして見られた方。
・・・ご愁傷様です。
悪い映画ではないのですが、こちらの期待を裏切ってくれてるのですよ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ここが見どころ! ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2人が始めたゲームは、子供の時と、彼らが思春期を迎えた後では
質が変わっていきます。
子供のときは

 ・校長室でお漏らしをしろ!
 ・お姉さんの結婚式をぶち壊せ!


どちらかというと、大人を困らせるために、困っている大人を二人で
あざ笑うかのようないたずらを仕掛けていきます。
それが思春期以降では

 ・(自分の気に食わない)女と寝てイヤリングを取って来い                      (指令 by ソフィ)
 ・試験の当日に服の上に下着をつけてプレゼンしろ                    (指令 by ジュリアン)

と、相手に恥ずかしい思いをさせ、陥れるようなゲームを次々と
仕掛けます。

お互いのことを大切に思っていて、代わりは他にはいないということを痛いほどよ〜くわかっているのに、わざと相手を辱めるようなことをさせる。
それも相手に男/女の存在があるときは特にひどい。
う〜ん。愛情の裏返しなのでしょうか!?
イタズラの対象が「大人たち」から「自分たち」へと変わっていきます。
学生、社会人になって、子供ができて・・・と、足かけ30年を追っていくのですが、最後のほうは
「なんでこういうふうにしか愛情を表現できないの!?」と
切なくなります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ キャストについて ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ソフィー役のマリオン・コティヤールがいいですね!
ソフィーの子供時代を演じたジョゼフィーヌ・ルバ=ジョリーもさらにいい!
子役から大人役に移った時って抵抗感があるもので、この監督は
どういう風にするのだろう?
と思ったのだけど、 ソフィーもジュリアンも、役の移り変わりはとても自然でした。
この子達が大きくなったら、こういう風になるんだろうなぁという想像通り。
特にソフィーのキャストは、ちょっとコケティッシュでクレイジーなソフィーの
キャラが子役時代から十分に発揮されていて、子役から変わってもぜんぜん違和感がありませんでした。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ 音楽について ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「バラ色の人生(La Vie En Rose )」がいろいろなバージョンで映画を彩ります。
この音楽がまた良いのよね〜。
「バラ色の人生」はシャンソンの女王といわれるエディット・ピアフの代表作。
聞き飽きた感もあるくらいのスタンダード・ナンバーですが、映画を
見終わった後は思わず口ずさみながら出てきたくなるくらい。
見終わった後にHMVに駆け込んだのですが、ありませんでした・・・
ネット買いしかないか・・・。
久しぶりにサントラもほしくなるような映画に出会いました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ 英語の台詞 Check it out! ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回はフランス映画なので、英語の台詞チェックはありません。
その代わりと言ってはなんですが、タイトルについて。
原題は『JEUX D'ENFANTS』。邦訳すると『子供たちのゲーム』。
英語タイトルは『Love Me If You Dare』。
日本語は『世界でいちばん不運で幸せな私』

原題は『JEUX D'ENFANTS』。邦訳すると『子供たちのゲーム』。
これはこれで、映画そのまんまのタイトル。
大人になっても大人になりきれず、子供の頃のゲームをそのまま
引きずっている彼らの様子を表現しています。

英語タイトルにある「dare」には
 「あえて〜する」とか「思い切って〜する」っていう意味があり、時には皮肉的な言い方にも使用される。
受験英語の例文にでも
 「How dare you say such a thing!?」
という表現がでてきます。
 「よくそんなこと言えるわね(怒)」
ってニュアンス。

『Love Me If You Dare』には
「やれるもんならやってごらん。」っていうような
挑むような感じがします。
あたくし的に訳すと「好きになれるもんならやってみたら?」。
このタイトル自体がゲームに挑む二人の姿勢みたい。

反対に、日本語のタイトル『世界でいちばん不運で幸せな私』は、
主人公の二人の「時間の流れ方」を表現しているようで、
あたくしはこちらのほうが好きですね。

「お互いを想い合い、大切に思ってるんだけど、
 どこかタイミングが合わなくてすれちがいばかり。
 いろいろ回り道しちゃったけど、最後はやっぱり私たちって
 幸せだと思わない?」

という感じ。

さてさて。どのタイトルがぴったりくるでしょうか???


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ 総評 ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

好きな映画ではありますが、単純なハッピーエンドストーリーではないので、
ポスターに魅かれてデートムービーとして見た方達は、気まずかっただろうなぁ・・・。
他の人には薦めにくい・・・ 。
特に、ソフィーがジュリアンを振りまわす様子は、男性にとっては
お怒りモードフルスロットルでありましょう。
見た人からぜひ感想を聞いてみたい!

Comment
> みほサマ

コメントありがとうございました。
不思議な映画ですよね。
万人受けしないと思うけど、ワタシは好きです。
特に色の表現が。

とにかく「もどかしい」映画でした。
あと10年くらいたったらまた、感想が変わるかもしれません。

とにもかくにも、応援ありがとうございました!
またこういう「難解な」映画にチャレンジしたいと思います(笑。
  • ゆーか@管理人
  • 2013/03/07 00:30

私はこの映画が世界で一番すきです( ^ω^)

色々な感想を見てきて
みんなには分かられない映画だと思います。
感想がひどいひとばかりでしたが、

こういう考えもあるのだなーと
素直に聞き入れることができました。
嬉しかったです( ^ω^)

私はわざわざ見に行った映画をつまんなかった
の一言で終わらせたくないんですよねww
自分で選んでみた映画は全てに感動したいし
いいところをみて幸せになりたいのです笑


あなたの感想は万人がみても
きっと不快が一番少ないとても素敵な感想ですね


これからも続けてください
  • みほ
  • 2013/03/02 20:02
⇒通りすがりのナナシさん

> あまり分からなかったけどいい映画ですねぇ

そうなのです。とても難しい・・・。
でも、この主演のマリオン・コティヤールは、これからも要注目ですよ〜。
とりあえず、「エディット・ピアフ」が見たい!
  • ゆーか
  • 2008/04/08 00:07
私も気に入ったです。昨日テレビで見たです、最後ワあまり分からなかったけどいい映画ですねぇ
  • 2008/03/12 04:04
> ベティちゃん

結末が・・・苦しいね。いろんな意味で。
でも、日本も昔は「近松心中」とかってーのもあったし、突き詰めてみたら同じ「美徳」なのかもしれないですね。

私も邦題にヤラレたくちです。
この邦題のつけ方はGoodだと思う。
あと、あのポスターね!
  • ゆーか
  • 2005/03/23 00:03
さすがゆ〜かさん!
英語まで解説してある!

この映画私もお気に入りです。
結末がうっそ〜〜!!って感じですが。
それにしても素直になれないって大変すぎると思いました。

原題はパッとしませんね。
英題の『やれるもんならやってごらん』はいい感じです。
でも日本向きには邦題かな?
私も邦題に魅かれて観ましたから!





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/108164
クラスメイトからいじめられる、ポーランド移民のソフィー。病気の母を持つ、ジュリアン。小さな心を痛める2人が、それを忘れようとある日始めたゲーム。ジュリアンの母親の形見であ
  • 映画のセリフで口説いてみない?(男性版)
  • 2006/03/14 10:26 PM
ひらりんがちょっと苦手なフランス映画。 そうとは知らずにDVD借りてきちゃったので拝見する事に。 英題は「LOVE ME IF YOU DARE」。 2003年製作のロマンチック・コメディ、94分もの。 あらすじ ジュリアンとソフィーは小学校のクラスメイト。 ひょんなことか
  • ひらりん的映画ブログ
  • 2005/04/27 11:10 PM
JEUX D'ENFANTS LOVE ME IF YOU DARE (2003年フランス/ベルギー) 2005/3/25@早稲田松竹 あー。なんてロマンチックな話。 わたしもあんなとこまで突き抜けたいです。 ■あらすじ(てきとう)■ 「のる?のらない?」を合言葉に無茶苦茶なゲームを繰り
  • befounddead
  • 2005/04/10 1:08 AM
母親が病気でいつかいなくなってしまうという不安がある少年ジュリアン。移民の子といじめられてる少女ソフィー。二人は仲良くなりゲームを始めます。そのゲームは宝物の缶を持ってる方が命令を出しそれを実行して、缶を渡すというやつ。そのゲームはどんどん度が過ぎて
  • Bettyのひとりごと
  • 2005/03/15 10:35 AM

Search

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM