さてさて、前回のレポからずいぶん時間がたってしまいました。
引き続き、簡単ですがレポいたします〜。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■SCENE■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・ものすごいライトです。
お昼を食べ終わった後の撮影。
ただでさえ曇り気味だというのに、ますます寒くなってきます。
これって夏のシーンなんだよな・・・。

と思っていたら巨大なライトが登場。
めちゃめちゃでかいです。何に例えたらよいのだろう。

上杉達也の投球シーンにライトを当てようと準備してます。
これだけのライト、あたったらまぶしいだろうなぁ。
それでも演技しなくちゃならないんだよね〜。大変だわ。
と、そこへ、ライトよりさらにでかい白いスクリーンが登場。
ライトの前にそのスクリーンを立てて撮影が始まりました。

なるほどねニコニコ
そのまま直射でライトをあてると、まぶしいだけではなく、
ライトが一箇所に集中してあたってしまう
前に白いスクリーンを置くことによって、ライトがあたる面積が増えるし、
直射じゃないぶん、少しぼやける。
「いかにもライトがあたってます〜」ってな感じではなくなる。
微妙な日光の加減などもこうやって調節するんですね。


・【かなり難】拍手をせずに拍手する!?
光を当てて撮ることもあれば、音も合わせて収録するシーンもある。
かと思えば、音を取らないで絵だけ取るというのもあるわけで。
これがかなり難なのですよムニョムニョ

応援団に合わせて応援しているシーンを取るのですが、
声を出してはいけない、拍手をしてはいけない。
声を出すふり、手をたたくふり。
こんな状態ですべての人が同じアクションを出来るわけはないので、
カメラの死角の位置でチアの女の子2人が応援をし、
それに合わせて口パクと手をたたくふり。
これがとても難しい。どうやったってずれてしまう・・・。

何回かテストをして撮影に望んだものの、やっぱりNG・・・。
最終的には「声を出してもOK」となりました。
(後で音だけ消すのかいな???)
そしたらすぐOK。やっぱりね〜。


・けっこう役者ね。ホームランシーン。
さてさて、位置を2回くらい変えて、ホームランシーンを数シーン、撮影しました。
とはいっても、ほんとにホームランを打ち、どっと沸くというわけではなく。
あくまでも「入ったふり」をきっかけにエキストラも騒ぎ始める。
「入ったふり」をどうやって判断するかというと。

「ピッチャー投げた、バッターが打った、打球が伸びて伸びて外野が追って・・・」
と動きをざっと流す。
ピッチャーが投げるところまではほんとにボールを投げ、キャッチャーが受けるけど
バッターはスウィングするだけ。後は全部演技。
外野選手が追っていって追うのをあきらめたときをホームランだとみなす。
そのタイミングで観客席が喜んだり残念がったりします。

こうしてみてみると、意外とボールを使っているシーンって少なくて、
投げて受ける以降は「ふり」だったりするんですねふぅ〜ん
3塁をまわってホームベースに向かい、「セーフか!?アウトか!?」
というシーンもキャッチャーには実際はボールを送っていなかったりする。
これがすべてボールを使っているように見せるってのは、技術が進歩した今だから
できることなのかも。
じゃないとみんな、昔のスポ根モノみたいに、いかにも合成しましたって感じの
「魔球だらけ」の「なんちゃって野球ドラマ」っぽくなっちゃうからなぁ〜。

で、話がそれましたがホームランシーン。
数回テストを行うけれど、「こんなテキトウでいいのかね〜?」とあたくしでさえ
ちょっと不安。
が、本番となると、エキストラの皆様、ノリノリイヒヒ
テストの時の数倍の勢いで喜んだり悲しんだりしてます!
なんだみんな、本番になるとすごいんじゃないの!

それまでの撮影シーンと異なり「ふり」がトリガーとなるシーン。
どうなることかと思いきや、意外と良いシーンに仕上がっているかもしれません。

ドラマ「H2」も、同じように撮影したのでしょうね。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■スタッフさん、お疲れ様です ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

それにしても、撮影スタッフさんには感心いたします。
思っていたよりも段取りが良く、手際良くエキストラをさばいてました。
しかし、撮影が進むにつれ、だれてくる私も含めたエキストラ達。
そのたびに
「さ〜。今は夏ですよ〜。暑いですよ〜。」とか
「あともう一回だけ撮らせて下さい〜。」とか
丁寧かつ明るく接し、エキストラのテンションを上げていきます。
こんなダルダル〜な人々。役者だったら怒鳴って叱ってもいいのだろうに、
一般参加のエキストラということで、とても丁寧に接していました。

特に、機材の移動中などであいた時間を利用して明青と須見工ナイン達を
紹介してくれたり気を使ってくれていることがよっくわかりました。
ほんとうにお疲れ様でした。

役者さん達も、エキストラが応援している長いシーンや応援団の応援シーンの
後には拍手を送ってくれたりと、良い雰囲気作りをしてくれました。
大勢の人とモノを作りあげる仕事っていいですね〜。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■いちばん怖いのは・・・。 ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

撮影が終了したのは17:00たらーっ
エキストラはぐったーりとしていたけど、役者さん達はみんな元気。
若いとはいえ、体力あるなぁ・・・。

こうして撮影が終了したのですが、とても怖いことがありまして・・・。
この日は一日曇り空。
しかし次の日は晴天。

あたくしが参加した日に撮影したシーン、天気が悪かったから撮り直し〜。
カットされてたらどうしよ・・・。
というのが悩みの種なミーハーなあたくしでございました。
もしそうなったとしても、大変良い経験をしたのでヨシとしよう〜♪


そういえば、やっと公式サイトが立ち上がったようなので
こちらもお知らせしておきます。
http://www.asakura-minami.jp/index.html

Comment
> 祐子さん

さっそく来ていただいていたのね!
レスが遅くなってすみません。
映画館に行くほど見るかは私も・・・・ですが、TV放送時にでも思い出してやってくださいませ。
あ、少しでも映っているようなら即連絡しますね!(笑)


> チカちゃん。

やばい、タッチ、知らないですか!?
やばいやばい。ジェネレーションギャップ・・・。
てなことはおいておいて。

ほんとにいろんな人達の協力によってあの長い作品群が作られるんだ〜と実感しました。
ものづくりっておもしろいですね♪
  • ゆーか
  • 2005/05/12 15:41
まだ肌寒いのに、半そでって大変そうです。
寒がりの私には耐えられません。
いろんな人の力によって、映画は成り立っているんですね。
日本人なら誰もが知っている(実は私は余知らないけど)
タッチの映画なら、いろんなひとが見に行くことでしょう。
  • chiquitita
  • 2005/05/03 14:41
我慢が聞かないたちなのでさっそく第二弾を読みに
参りました。正直映画館に行くほどは興味はなかったのですが
こうしてレポを読んでると早く見たくなりますね〜。





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/178730

Search

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM