■原題  『Before sunset』
■監督  Richard Linklater
■脚本  Richard Linklater

■キャスト
  Jesse:Ethan Hawke  Celine:Julie Delpy

■ストーリー :★★★★★    ■映像   :★★★★★
■音楽    :★★★★★    ■総合評価 :★★★★★

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■コメント■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

早くも拍手「My Best Movie of the Year」拍手(←勝手に命名)
に名乗りをあげた一作。

2005年3月。前作の「恋人までの距離(ディスタンス)」から9年。
「ビフォア・サンセット」は「恋人までの〜」の続編で、その9年後のお話
俳優も作品も同じく9年の月日が経過しています。
でも「Before Sunset」は単なる続編映画ではありません!

R.リンクレーターお得意のドキュメントに似た手法で製作されていて、
観客は前作同様、自分も主人公の二人の側に居て、二人の会話を聞きながら
二人の恋を見守るというポジションを感じさせてくれます。

前作の「Before Sunrise」は旅をしている男と女が出会って翌朝の別れまでの
14時間を描いた作品。
今作は9年後に再会し、また別れるまでの85分を丁寧に追っています。

このレビューを読む前に、前作(Before Sunrise)のレビューをどぞ!
http://blog.uminomukou.ciao.jp/?eid=214371#sequel

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ストーリー ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

前作はウィーンで恋に落ちた二人が半年後の再会を約束して別れるところで
終わります。

前作公開から9年。映画の設定上も同じ9年が経過している。
作家になったジェシーは新刊本のプロモーションのためにパリへ。
書店でインタビューを受けているところにセリーヌが現れ、はっと息をのむジェシー。
彼の新作はセリーヌとの恋を綴ったものであり、セリーヌがそれに気がつき、
本屋へ現れたのだった。
二人は再会を喜び、ジェシーはセリーヌを散歩に誘う。
だがジェシーに残された時間はN.Y行きの飛行機が立つ85分だけ。

会えなかった時間を埋めるようにパリの街を歩きながらお互いのことを話しだす。
ジェシーは結婚し、子供もいる。
セリーヌには報道写真家の彼がいる。

だけど話していくにつれ、いかにお互いを想っているかをひしひしと感じさせられる。


ハートのエースあの二人って結局どうなったんだろう?
観客が見ていて気になるのは、半年後の再会の約束がどうなったか?
ということ。
どうやら、あの時には再会できなかったらしいというのが二人の会話からわかる。

では、どうして再会できなかったのか?
いきなり最初からこの話を切り出すのはお互いためらわれる。
だって、自分ばっかり気にしているようで、なんかバツが悪いじゃない?ポロリ
自分は本気だったのに、相手は本気でなかったら・・・。ムニョムニョ

おそるおそる切り出す二人。
どうやらジェシーは半年後に借金をしてまで来たけれど、セリーヌはポーランドに
居るお祖母さんが亡くなり、葬式のために来られなかったとのこと。
「どうしてあのとき、お互いの連絡先を聞いておかなかったんだろう」
「あのとき再会できていたら・・・」

と悔やんだり
「再会できていたら、すぐ別れたかもしれない」
と気を取り直して言ってみたり。

ハートのエース「忘れられない人」に再会したら?
過ぎたことを悔やんだり、願望を会話に含めてみたり、でも昔のように
「途中下車して一緒に知らない街を周る」ほどの冒険ができなくて。
それでも相手の反応は気になって本音を引き出すように仕掛けてみたり・・・。
時間は限られているわけで、単なる会話劇なのにものすごい緊張感
二人の本音を探り合うような会話の緊張感は前作を上回るほどです。

そんな緊張感の中で爆発するのがセリーヌ。
「忘れられなかった」「会いたかった」と素直に感情を表すジェシーに対し
「少年の心でパリに来るなんてずるい!」
とぶつける。

ジェシーには家族も子供もいるわけど、そんな相手とどうにかなれるわけでもなく。

後半、セリーヌを部屋に送るために乗り込んだ中で再度爆発。

「私と別れた男はみんな結婚した。どうして私にプロポーズしないの!?」

前作ではポテンシャルの高い強い女を目指していたセリーヌが、社会に出て強い女でいることの弊害を爆発させる。

あぁ。ジェシーの気持ちもわかるんだけど、セリーヌの気持ちはもっとわかるかも。
気を張って生きている中で「忘れられない人」、「自分の話を理解してくれる人」
と出会ってしまったら爆発するのかもしれない。

ジェシーがどうしたいのかがわからず、やきもきしているセリーヌがかわいそう。
いや、「かわいそう」という表現は適切ではないな。
なんか、見ていて切ないのですよ・・・。ノーノー

マル秘以下、ネタバレです。見たくないひとはずずーっとスクロールを。



↓ そして結局は二人は別れがたく、ジェシーがセリーヌの歌を聴きたいと、
↓ セリーヌの部屋へ。
↓ セリーヌの歌を聴き、思い出の曲などについて語っているのは楽しいが、
↓ ジェシーが発つ時間は刻々と迫っている。
↓ セリーヌが踊りながら「そろそろ飛行機の時間ですよ〜」とおどけて言っても
↓ ジェシーは黙って笑うだけ。




↓ そして終了〜。


↓ え!?ここで終わりですか!??↓ 本当に終わりですか汗
↓ どうやらイーサン、ジュリー、リンクレーター監督はさらに続編も考えている
↓ ようです。
↓ 
↓ 前作は「二人は会えたのだろうか?」という疑問を残して終えたけど
↓ 今回は「ジェシーは飛行機の時間に合わせて帰ったのだろうか?」
↓ という疑問を残してくれました。
↓ 
↓ 二人はそのまま別れたのか?それともセリーヌの部屋へ泊まったのか?
↓ 次回作(きっとあるはず!)への期待を残しつつのエンディングになりました。






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ここが見どころ! ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ハートのエース9年の時の流れ・・・うーむ。
9年ぶりに再会したふたり。
一目でお互いがわかったけど、スクリーンに映し出された二人、年をとってます。
もしかしたら、あえて若作りメイクをしなかったのかもしれませんが、
イーサンは頬がこけていて、前作の「ちょっと小汚いけどナイーブそうな青年」が
年をとるとこうなるのね・・・とスクリーンに現れた姿は悲しいくらい。
ジュリーも「あうっ。小皺が・・・」と気になってしまう。
こちらもイーサン同様、前作と比べると、痩せましたね〜。ガリガリ。
(ちなみに本編の中でも「前は太っていた」という台詞のやりとりがありました。)

あまりに二人が飾ってなさすぎて見ていて気持ちのよいものではなかったんだけど、
ストーリーが進むにつれて、顔がアップにされても気にならなくなってくる。
(うーむ。見慣れたのか!?)

後半にセリーヌの部屋で彼女が音楽に合わせて踊っている姿が
とてもかわいらしい。
あれ?最初に見たときと印象がずいぶん違うぞ???
それを眺めているジェシーの表情もとても穏やかで。
冒頭の再会のシーンは特殊メイクか!?(失礼汗)と思うくらい。

さすが9年。「10年一昔」とはいうけれど、それは見ているこちらも同じ。
こちらもそれだけ年をとっているんだなぁ。と思わされました。


ハートのエース時の流れに身を任せ〜
徹底的に「時間の流れ」にこだわっています。
前作から9年という時間の流れはそのまま映画の設定にもなっている。
この9年の中で彼らの置かれている状況も変わるだろうし、考えていることも変わる。
前作の直後の再会を描くことなく、9年後にいきなり時間軸が飛ぶわけだから、
どうしても最初のほうの会話は二人を通してお互いの現状を語らせ、
観客にわからせるためのストーリーテリングが必要となる。

しかも今回は二人の再会の時間である85分が現在進行形で進むようになっている
ため、
「っていうか、そういう話じゃなくって、もっと核心に触れなよ〜。
 あと○分しかないよ!」

と、見ているこちらまで時間が気になってしまう!

この最初の雑談は「観客にお互いの状況をわからせる」ためには大切で、
舞台などでも必要不可欠なのだけれど、どうしても「説明」っぽくなってしまう。
が、舞台で数人が立ち話してわからせるのとは違い、
パリの街をぶらぶら散歩しながら話していく様子が、
久しぶりに再会した男女がお互いのことを話しているって感じで
とても自然なつくりになっています。

時間が進むにつれ、陽射しも変わっていくし、だんだん日も暮れていく。

面白い!

脚本というか二人の会話の内容も面白いんだけど、ストーリーの進行と
時間の進行が同じ
ってとても面白いニコニコ

撮影もとにかく大変だったそうです。
なんてったって、85分がリアルタイムに進行するため、日照時間との戦いになる。
陽の差し方、影の出来方がシーンごとに違うのは問題。
そこに矛盾が生じないようにと、ストーリー同様、時間との戦いだったそうな。
その努力は決して無駄ではなかったと思います!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ キャストについて ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

主役二人についてはもう特に言う事は無いでしょう。
イーサンもジュリーも前回以上に映画製作に入りこみ、1年近くリンクレーター監督と
メールをやりとりし、映画について意見を交わしたそうです。
ジュリーが40ページ以上の台詞を書き上げ、それに肉付けしつつ、
脚本が出来上がっていったそうな。
主役二人はその役になりきって意見を出しているわけだし、会話や
シチュエーションや演技に無理がないのも、これで納得。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ 音楽について ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

前作を見てこの映画を見ると、オープニングのにくい演出に気がつきます。
前作のエンディングで流れた曲が、そのまま続編のオープニングに使われている
のです。
その曲にのって前作の印象深いシーンが流れる。
これだけでも前作からのファンは
「あ、別個の作品ではなく『続編』として見ていいんだな。」
と嫌が応にも期待が高まる。

また、アルバムを出したといジュリー・デルピーが映画の中で唄っている
のも見どころ。
セリーヌの部屋にジェシーが来て、セリーヌが作った歌を聴く。
ジェシーはセリーヌと過ごした9年前のことを自分の本に書いたわけだけど、
セリーヌはセリーヌでジェシーを思って歌を作っていた。
不器用な唄い方なのだけど、そこが逆によかったりもします。

エンディングもジュリーが歌っている曲が流れています。
映画の中の曲もエンディング曲もジュリーの作詞作曲らしい。
ジュリーは「考えていることや感情を形にすること」が得意なんでしょうね。
なんてったって、自分も映画製作しているらしいし。

サントラ版は買ってはいないけど、映画の内容に沿った良質なトラック集になっていることは間違いなし。
(たまに、『こんな曲、どこで使われたんだ!?』と思うような曲が入ってる
 サントラもあるんですよね〜。逆に興ざめしてしまう。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ 英語の台詞 Check it out! ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

あまりの会話の早さと多さに、リスニングがついていきませんでした。
(すんません・・・。)

で、今回はタイトルについて思ったことを。

前作(『恋人までの距離』原題:「Before Sunrise」)の邦題は、よく考えたなぁ
と思いました。
原題のまま(「朝陽が上るまで」)でもわかりやすいんだけど、
「出会ってから別れるまでの二人の距離」ってのもこの映画のテーマなのかな?と。
(単に、「恋人」という文字を使うとヒットするという定説もあるようですが。)

今回、いち早く「Before Sunset」の公開をアメリカのサイトで先に知ったあたくしは
(タイトリングどうするんだろう?)と半分ワクワク、半分心配・・・。
お願いだから「恋人までの距離2」なんてだっさいの辞めてくれ・・・(懇願)。
だったんだけれど、そのまんまのタイトルで落ち着いたようでよかったです。
続編があることを最初から知っていたら、前作もそのまんまのタイトルでも
良かったかもしれませんね。

(それでもやっぱり「恋人」という文字を邦訳タイトルに入れるとヒットしやすい
 という定説に配給会社は頼りたいらしいが・・・。)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■ 総評 ■
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この作品、米国の映画批評サイトでは大絶賛されたらしいんだけど、
日本では評価がわかれるのでは?と思います。
なんてったって「起承転結」の「結」がはっきりしていないからなぁ。

彼らの映画の作り方からすれば、もちろんOKな結末なのだけれど、
この1作だけ見た人にとっては「なんて中途半端な映画!」と思うかもしれません。

でも、人生って必ずしも完璧な結末があるわけでもないわけで
10年前の自分なら完璧な結末がないことが不満だったと思うけど、
(聞いたことだけど、少女小説の読者って『ちゃんとした結末』がないと
 納得しないのだそうな。)
白黒つかないこともあるとわかるようになった今でこそ、受け入れられる結末
だと思います。

ぜひ続編を!(でもできればまた9年後ではなく5年後くらいに・・・。ポッ

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/01/01 20:28





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/217662

Search

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM