タイトルの台詞は、大河ドラマ「風林火山」がクランクアップした時に
かけつけた由布姫役を演じた柴本幸さんが
内野聖陽さんにアドリブで言った台詞。
主君である武田信玄の側室だった由布姫がこんなことを言うことは
まずないのだけれど、だからこそ粋なアドリブなのよ〜。


大河が終わってすっかり抜け殻気分です。
途中、1年も内野さんの舞台を観る事ができず、「早く終わってまえぇぇ〜」ぶー
と思ったこともあったけど。
最後の最後まで迫力のあるドラマでした。
ラストの川中島での死闘で、刺されても撃たれても気力を振り絞る様は、
「ありえない」と言われればありえないわけで。
でも、良いのです。これで良いの。

時代劇は「散り際が美しい」というように「潔い終わり方」のほうが
日本人は好きだけど、今回の大河は、「生きること」を突き通すストーリー。
サブタイトルが「生きた。愛した。」とあるだけに、力強く「生きる」ことを貫き通した山本勘助像は、今までの時代劇にはない珍しいアプローチでした。

もう、とにかく「生」に執着。
何度も何度も死にそうな目にあい、時には敵の武将に自害を促されることも
あったけど、それでも醜いほどに「生きる」ことを選んできた勘助。

でも死にそうな目にあうのは勘助だけではなく、どちらかというと
女性のほうが「生」と「死」の狭間に立たされることが多かった。

特に由布姫は、
「戦に負けて敵方に人質としてとられるくらいなら自害しなさい」という
戦国時代であったにも関わらず、ひたすら「生」に執着する。
由布姫の前に勘助が出会った「みつ」もどうにかして生き抜こうともがく。

最初のうちは「うーむ。勘助。おぬしは気の強いおなごが好きか。」と
思ったものだけれど、「気が強い」ではなく、自分と同じ
「生きることに貪欲な人間」に惹かれるのね。

なぜ勘助が「生きることに執着する女にほれるか」というのは、
彼の生い立ちにもよるものなのだけど、話し始めると長いので省略〜。


初めは新人の柴本さんが由布姫を演じると聞いた時には
「新人がヒロインを演じる!?大丈夫かよ!?NHK。ムニョムニョ
と思ったものだけど、良かったですよ〜。ラッキー
内野さんとのやりとりでなんとホロリときたことか・・・ポロリ
「みつ」を演じた貫地谷しほりも期待以上。
男性主導なことが多い大河だけど、この二人の演技に魅せられて、女性側から
観ても楽しめる作品になっていました。

でもやっぱりすごかったのは内野さんの迫力。
舞台でもここまで激しい生き方の男を演じることってなかったもんなぁ。
1年間、このテンションを維持するのは大変だったと思いますが、
無事に完走、おめでとう!てれちゃう

そして来年は舞台。舞台。舞台〜。
大河で名が知れた人達がどんどんTVドラマに進出してくるのを横目で見ると
うぅ。内野さんのドラマ出演がない・・・ポロリと寂しい気もするけど、
この1年、我慢に我慢を重ねたので、やっぱり舞台の上で演じる内野さんを
観たいのです。

とりあえずは来年の「ベガーズ・オペラ」再演。
楽しむぞ〜!

Comment
⇒ともちゅ

> 毎週内野さんのご尊顔を拝するのが楽しみだったのになぁ。

「ご尊顔」ってすごい表現!
そうなのよねぇ。
何もしなくても内野さんのお顔が見られるのは嬉しかったけど。
やっぱり舞台が一番さ!
  • ゆーか
  • 2007/12/19 23:55
終わっちゃったね。
毎週内野さんのご尊顔を拝するのが楽しみだったのになぁ。

ま、今度は舞台等でおがめるからいいんですけど。
  • ともちゅ
  • 2007/12/19 00:33





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/714535

Search

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM