チャーリーとチョコレート工場 特別版
チャーリーとチョコレート工場 特別版

見よう、見ようと思って見逃していた映画。
とうとう先にテレビ放映されちゃいました。


ティム・バートン×ジョニー・デップ。
ワタシはストーリーよりも幻想的な色使いに心惹かれる。
ストーリーやいつもの映画評価は、もうすでにいろんな方が取り上げているので
レビューしませんが、想像通り「ちょっと毒のある大人のおとぎ話」として
素敵に仕上がっていました。

物語の始まりは、ティム・バートンお得意の「白」「黒」「灰色」
モノトーンの世界。
チャーリーがゴールデンチケットを引き当てて、工場内に入るところまでは
暗い寒い、でも家族と一緒にいるときには、ろうそくのともし火くらいの明るさ
がある、そんな生活。

チョコレート工場の入り口の歓迎のギミックは色とりどりではあるものの、
ドアを開けて中に入ると一面、赤、緑、青原色の世界。
うわぁ〜。ティム・バートンの世界だぁラッキー
これだけでなんかニコニコわくわくニコニコしてくる。

モノトーンの世界から原色の世界へ。
色使いで「非現実的な世界」を簡単に表し、その対比は子どもでもわかる。
色使いがとてもうまい監督です。ほんとに。

ストーリーは子どもはもちろん楽しめますが、大人は大人で「くすっ」と
笑えるようなアイロニー満載。
どの世代でも楽しめる、窓口の広い映画だなぁ。
おとぎ話という体裁は保っているものの、子どもにとっては
「自分のためだけにわがままになってはいけません。」という教訓を与えつつ、
大人にとっては「親はどんなに子どもがわがままであったり生意気であっても
かわいいもの。」
と、訴えかけている。

原作ではなかったそうですが、工場長のウィリー・ウォンカーの子供時代の
エピソードと父親と打ち解けあうところは、よくもこれだけ短い時間の中に
詰め込めたものだなぁ。と感心しました。
あっという間の約2時間。
久々に「おうちで観ていても飽きない映画」に出会いました。

ラストはちょっと「?」だったのだけど。

以下、ラストシーンのネタバレです。
まだ観ていない方のために隠します。
見る場合は「Ctr+A」で反転してくださいな。


ラストでチャーリーは工場をもらうことになるけど、家族と一緒に住むがために
工場内におうちを異動させちゃうってどうよ?
おとぎ話の最後としては「めでたし。めでたし。」なんだろうけど、
家族と一緒とはいえ、外界とは断絶された世界に住むって、それって
幸せなこと?
と思ってしまった。

歯磨き工場からレイオフされたチャーリーのパパさんは、再就職のクチを見つけた
とのことだから、完全に断絶されたわけではないようだけど、
ティム・バートンの今までの仕掛け方からすると、裏のストーリーでもっと
何か、毒のある展開があるのでは・・・?と思うのは、私だけでしょうか!?
「グリム童話」が本当はとても残酷な小さなエピソードがあったように、
何か皮肉的な展開や残酷さがありそうで素直に「めでたし。めでたし。」と
終われないような、なんともいえない違和感が生じてしまいました・・・。



何はともあれ、映像の美しさとミュージカルチックな音楽、
大人になってしまったけど、心は子どものままで、父とは?家族とは?と
影では苦悶する複雑怪奇なウィリー・ウォンカーを演じきったジョニー。
そして「キモカワイイ」の限界を超えたたらーっウンパ・ルンパ達。
最後まで飽きさせない映画でした。

同じように色彩をうまく扱う監督で、ワタシが好きなのは
「世界でいちばん不運で幸せな私」を監督したヤン・サミュエル

こちらはとっても難解な映画で賛否両論なんだけど、モノトーン+原色で
違う世界を表現するティム・バートンと異なり、こちらは原色のグラデーション
をうまく使う監督さんです。
こちらもぜひ観てみてくださいな。
以前、書いたレビューはこちらです。

世界でいちばん不運で幸せな私
世界でいちばん不運で幸せな私

Comment
⇒ターニーさん

「ビートルジュース」、まだ観てないや。
「ナイトメア」は私は好きだけど、一緒に観た人達からは不評・・・。
私は好きなんですけどねぇ。グッズとかもかわいいし。
(あれって”かわいい”)なんだろうか!?


> でも最近のヤング達は「シザーハンズ」も、
> 知らんからなぁ・・・。

その表現が笑える。
「シザーハンズ」知らないでしょうね・・・。
ものすごく色使いが好きな映画です♪
  • ゆーか
  • 2008/01/15 22:52
ティムバートンって、好きだね。
この監督の作品って、意識する前に観た、
「ビートルジュース」。
学生時代海外旅行でパッケージ買いした、
「ナイトメア」。当然字幕なし。
両方とも面白かった。
当然、「チョコレート工場」も観ましたよーいっと。
でも最近のヤング達は「シザーハンズ」も、
知らんからなぁ・・・。
  • ターニー
  • 2008/01/15 00:33





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/720222

Search

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM