JUGEMテーマ:旅行

青森旅行最終日は黒石からスタート!
B級ご当地グルメの祭典「B1グランプリ」で有名になった「つゆ焼きそば」を食べに行くことに。

弘前駅から電車に乗って約30分。
黒石の町までやってきました。

普通の街の中につゆ焼きそば屋さんがあると思ったら。
黒石は江戸時代からの街並みを保存している地区で、重要文化財になっている町屋もあります。
「こみせ通り」という一本道に昔のお風呂屋(湯屋)だった建物や現役の酒屋さんがあったりします。


黒石の街並み
鳴海家住宅 「菊乃井」という屋号の酒屋さんです。

現役の酒屋さんで、お店の中で試飲をさせてもらいました。
黒石市の有形文化財として指定されている建物で、奥さんが建物の内部を紹介してくれました。
すごく不思議な建物で、正面から見ると和風、横からちょっと離れてみると櫓みたいなのがいくつか乗っていて、洋風な感じがするのです。

「こみせ通り」という名の通りに昔の住宅を利用したカフェや酒屋さんがあるんだけど、「こみせ」というのは、この建物の前に突き出している木製のアーケードのようなものをいうそうです。
これがあるおかげで雪が降り積もっても街歩きができる。
「こみせ通りはアーケードがあって雪が降っても買い物ができる」といった表現でガイドに書いてあったから、近代的なモノだと思ってたけど、こっちのほうが断然素敵!
江戸時代からの古い住宅に囲まれて、建物好きとしてはこんな嬉しいことはない

そしてぶらぶらっと散歩を楽しみながら、11時からやっているつゆ焼きそば屋さんに入ります。
 つゆ焼きそば
これがつゆ焼きそばだ!!!

入ったお店はこみせ通りに面した「すずのや」さん。
11:00オープンでちょっと前にお店に入れてもらったものの、すでに持ち帰りの焼きそばをオーダーして待っている人がいるくらいの地元の人も通っているお店のようです。
11:00のオープンとともに観光客、地元の持ち帰り用客であっという間に小さな店内がいっぱいになってしまいました。

つゆ焼きそば。
味が想像できないと思うけど、太く平たいウスターソースの焼きそばで、黒石の焼きそばは、イベントなどで出店しない限りはフライパンで炒めるそうです。
なので、カリカリした感じではなく、しっとりしてます。
ネギたっぷりと揚げ玉を入れて、つゆをかける。
つゆ焼きそばについて書いてあるものを見ると「スープはラーメンのスープをかける」ようなことが書いてあるけれど、どちらかというと、関東風の醤油ベースの甘しょっぱいスープをかける感じ。
ウスターソース独自の辛みとスープの甘しょっぱさが、お互いを引き立て合っている感じ。
普通、ケンカしちゃう味だと思うんだけどね。
友達も気に入り、「また食べたい味」と言っていました。
黒石のつゆ焼きそばは、そのお店、家族によって味付けが違っているそうです。
駅前からこみせ通りに来る間につゆ焼きそばの案内所があるので、そこで聞いてみるのもよいかも。
とにかくお店の数はたくさんあります。

おなかもいっぱいになり、黒石駅に向かう間にどうしても見ておきたかったところに立ち寄る。

消防署
消防署の建物です。

自治会でやっている消防団の建物らしく、中を窓越しに除いたら本物の消防車がありました。
この建物がとってもかわいいのです。
これは今まで見てきた建物の中で10本の指に入るくらいのかわいさだわ
大正時代の建物で、改築される前は2Fにバルコニーがあったそうです。
なるほど。大正時代か。「ハイカラ」という言葉がぴったりくる。
消防署ってそういえば昔は関東でも赤い建物だった覚えが。

黒石でおなかがいっぱいになったところで弘前に戻り、そのまま新青森へ。
新青森駅は今年、新幹線が開通したばかりの新しい駅。
新青森駅で降りて、この旅最後のイベントへ。

新青森駅ではボランティアガイドの方がいて、目的地へのバスについて教えてもらいました。
最後の目的地は青森県立美術館です。

青森県立美術館はずっと行ってみたかったところ。
青森県出身の芸術家の作品が集まっていて、棟方志功奈良美智の作品が集められています。
ワタクシ、奈良さんの作品に出てくる女の子に似ていると言われたことがありまして。
初期の頃のロッタちゃんの頃の女の子ね。
おでこが広くて目がつりあがってて、血が滴る包丁持ってる頃の
それ以来、親近感があったのだけれど、最近の作品の淡い色使いが好きなのです。

さらに、観光立国大使に任命された嵐の5人が小中学校に1校あたり1冊を寄贈した「ニッポンの嵐」。
5人が日本を旅してメンバーのためにお土産を買って旅行のことを話すという企画本なんだけど、この中で大野くんが青森美術館で奈良さんの作品を見に行っていたのです。


青森県立美術館
ものすごく近代的な建物で、中は複雑怪奇。
目的地になかなかたどりつけないことで有名な美術館です

奈良さんの作品が手を伸ばせば届くところに。素敵だわ〜
(※触っちゃいけません!)


そして青森美術館で一番見たかったもの。


あおもり犬だ!!!


あおもり犬

でーん!


奈良さんの作品で建物の外にあります。
犬の下に人がいる。これでどんだけでかいかがわかるはず!
ものすごく優しい顔をしています。
見る位置から表情が変わるのが不思議。

このあおもり犬は、雪の積もった冬に見ることをぜひおすすめします。
ニッポンの嵐」で大野くんが訪れた時は冬だったのだけど、あおもり犬の上に王冠のようにきれいに雪が積もるのです。
これは見モノ。
偶然の産物であり、そういう風になるように設計したわけではないんですって。

あおもり犬はとても人気なので、必ず誰かしら人がいるんだけど、私が撮影を始めたらラッキーなことに誰もいなくなり、写真が撮り放題でした。
※館内は撮影不可だけど、あおもり犬は撮影OKなのです。

ということで、いろんな位置から撮影〜。

あおもり犬
横斜め下から撮った一枚。

普通のカメラでは大きすぎてこの位置からでは撮影できません。
パノラマ撮影が可能なカメラをおすすめします。
ワタクシのCyber Shotはパノラマ対応ナリ〜。

人がいないというのも不自由なもので。
あおもり犬と一緒の写真を撮ってもらいたかったのだけど、見事に誰もこなくてちょっと残念な気持ちで後にしました。

この後、道路を挟んだ反対側にある三内丸山遺跡という縄文時代の超大規模集落跡にも行きたかったんだけど、「歩いて行ける」というクチコミを信じて行ったものの、遺跡の敷地が広すぎて「無理だ。行ったらスケジュールが狂う」と、残念ながら今回は諦めました。
でも、歴史にそんなに詳しくなくても楽しめるそうです。
次こそは・・・。

そして新青森から青森へ。
駅近にあるアウガ市場で最後の食事をすることに。


大間のマグロ丼
大間のマグロだ!!!

食べたかったの。とっても食べたかったの大間のマグロちゃん。
本気で大間まで行って、関ジャニの番組にも出てきたでっかいマグロの看板?置物?の前で写真を撮りたかったくらい。
でも大間って青森の上のほうにあって、どう考えても車移動でないとダメ。しかも遠い・・・。
空港に行く前に最後に食べたいと思ったのはこれ。大間のマグロ!

今回は大間まで行かずに、アウガ市場に併設するお食事処でいただきました。
Ah。マグロLove

ここで紹介したのはごく一部で、食事はほとんど掲載していません。
青森、うまいもの、いっぱいでした。
前も書いたかもしれないけれど、りんごジュースが特においしくって、りんごジュースが大好きになりました。

でもまだせんべい汁も食べてないし、ガイドブックに載っているものもほとんど食べてません。
次は早めに「リゾートしらかみ」の予約をとって、午前中のうちに白神山地の十二湖の青池を見に行って、弘前市内ももっと観光して、三内丸山遺跡にも行ってやる!!!

こうして2泊3日の青森の旅は無事終了しました。
そのうち、ホームページに詳細をUPします〜。

↓このブログの成分解析はコチラ♪ ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogram投票ボタン

Comment
> sueさん

青森、お勧めです。おもしろすぎます。
特に黒石などは江戸時代、藩政が行きとどいてなかったので独自の文化ができあがったそうです。
つゆやきそば、塩原にもあったんだ。知らなかった。
あおもり犬、超かわいいよ。
県立青森美術館には超巨大なガールの作品も3点あって面白かったです。
  • ゆーか
  • 2011/10/10 11:22
つゆ焼きそば、塩原にもあったけど、ちょっと違う。塩原のも意外とイケました。あおもり犬、私も見に行きたい!!!!!青森行ったことない。羨ましい〜♪
  • sue
  • 2011/10/09 13:07





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/944106

Search

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM