JUGEMテーマ:八重の桜

やっと綾瀬はるか登場。
子役の「小八重ちゃん」もかわいかったけど、大人になった「大八重ちゃん」は、男性に混じって米俵を担いじゃうくらい、たくましいです 
小八重ちゃんに「鉄砲を学び、習得し、教える立場になる」ことを試し打ちした鳥を目の前にして教えてくれる父ちゃんの松重豊も、これまたいい!


「ならぬことはならぬ。」って、現代からすると乱暴な言葉だと思うのですよ。
「ディベートする」「話し合う」といった欧米の考え方が入ってきた今の時代は「なんでダメなのかを話し合いましょう。それが教育です」的な考え方が一般的で。
今から考えると、理不尽なことが多々あっただろうなぁ。と。
それを素直に受け取れる当時の時代ならではだと思うけど。
だけど、この父ちゃん。「なぜ、おなごが鉄砲を学んではいけないのか」というのを、ちゃんと小八重ちゃんにわからせるように話しているところが素晴らしい。
そうそう。そうやって順を追って教えてくれれば、わかるのに。
でも八重はその理解より「砲術をやりたい」という気持ちが上回る。

今回は、兄ちゃん(覚馬)さんと川崎尚之助さんが中心。
第一話でも話をしていたけど、会津には海が無く、経験が無いのに海防を任される。
海のことなんてわからないのに!!!
得た知識を会津のために活かしたい。と日々、勉学に励む覚馬さん。
そうだよなー。海が無いのに「海からやってくる異国から守れ」って無茶だろうよ
そんなときに、吉田寅次郎(松陰)は黒船への密航を企ててつかまっちまうし、佐久間象山はそのあおりを受けて松代藩で蟄居に。「ザ・吉田松陰ラボ」は自然消滅し、2人は勝麟太郎(海舟)にお世話になることに。

生瀬勝久さんが勝海舟か〜。
幕末モノで見たことが何度かあるけど、とうとう勝海舟まで上りつめたか!と別のところで感慨深い

そして数年後。兄ちゃん(覚馬)が会津に戻ってきて、すっかり大人になった八重に再会。
八重はまだ鉄砲への情熱を失っていなかった・・・・

というストーリー。

第一話に比べると、話のスピードがゆっくりになった。
このくらいのスピードなら、あまり詳しくない人でも、おいてきぼりにあわず、ついていけるだろうな。
とにかく、ここ数年の「視聴者おいてけぼり」はやめてほしいなぁ・・・。

最近、本屋に行くとものすごい誘惑に駆られます。
どこもかしこも会津本ばかり!。片っ端からほしくなる!
足早に遠ざかるようにしております

そして「やっと鉄砲を持つことを許してもらった」八重の来週も楽しみだ♪


本日の小ネタ
「会津は台場を守っている」という話が出てきたけど、現代の「お台場」周辺は幕末は「対異国船」のための砲台がありました。
本当は品川から深川方面まで、かなりの距離に11の台場を築く予定だったものの、費用不足で完成したのは5つのみ。現在は第3と第6の台場のみが残っていて、第3台場は公園になっていて、当時の砲台跡も残っているそうです。
レインボーブリッジでお台場方面に進む時に右側に2つ、見えてくる四角い形状の島。
あれが、砲台だったわけです。
第4台場は埋め立てられ、現在の天王洲の第一ホテルシーフォートあたりだったそうな。
その他は撤去されて海中に沈んだり、埋め立てられて品川区や港区になっています。
そう考えると、当時の海岸線って、ずいぶん内陸寄りだったのですね。
しかも、まとめて「台場」を作っていたイメージがあったんだけど、ちょっと距離があって点々としている。
第3台場の公園はまだ行ったことがないので、暖かくなったらぜひ行ってその目で見てみたい。

↓このブログの成分解析はコチラ♪ ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogram投票ボタン

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/944148

Search

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM