お久しぶりです。

ミラーレス一眼を買ってから、自力でカメラを使えるようには程遠い・・・と思い、短期の写真教室に通っていました。
で、その最終課題提出の前にたまたま名古屋に行くことになっていて、思う存分、写真とりまくってきました。

とはいえ、ワタシは普通のカメラ女子とはかなり異なるらしく、あまり雑貨やカワイイモノのぼかし撮りとか、あまり興味ないんだよねー。
もっぱら旅行写真ばかりなので、広角広角。とにかく広角できっぱりはっきり写真を好みがち。
特に城写真は、石積みや瓦、屋根の装飾に至るまで、はっきり撮ってその造形美にひたるものなので、なかなか習ったことを活かせず悩む。

でも、露出や構図、光の差し込む「色」については、はちょっと気をつけて撮影してみました。



でーんと名古屋城。とにかくでかかった!
 
まず先に訪れたのは城犬山城城
犬山城は、木曽川を挟んだ対岸から城を入れて夕方に撮影するのがスタンダードなんだけど、残念ながら、夕やけにはちょっと早かった・・・。

この写真は江戸時代以前に建てられた城のうち、12しか残っていない現存天守閣、犬山城天守閣から撮影したものです。

犬山城から見た木曽川
木曽川の流れが美しいのだ。見かけはこんな感じ。

犬山城から見た木曽川
でも、夕暮れっぽさが出ないのと、露出をいじったら太陽がうまく入りこんだので、さらに露出をどんどんマイナスに。
夕焼けがきれいにとれたかな。
でも、これはフィクションですたらーっ。ここまできれいにはコントラストがでなかったたらーっ
たぶん、写真教室に行く前のワタシなら「これが撮った中で一番良い写真です」と提出するんだろうけど、うーん。なんかまとまりすぎて、ポスター写真みたいだなぁ。と自問自答。

続いては、翌日に行った日本に3つしかない国宝の茶室「有楽苑」で撮った一枚。

有楽苑
まだ紅葉には早くて色づいているのはこの2本の木くらいでした。
といっても、「真っ赤」の状態ではなかったので、赤みを出すために露出とホワイトバランスをそうとういじってみる。
これも今までなら「きれいに撮れました」と提出していたかもしれない。

有楽苑
こちらは試し撮りとして撮影したものなんだけど、緑のもみじが入りこんじゃっていて「失敗作」だと思ってたんだけど、カメラのビューではなく、PCで見ていたら、緑のもみじの裏に紅葉が写りこんで、不思議な色合いになっていました。
こちらのほうがお気に入りだったり。

犬山城と木曽川
そしてこれは、「犬山城」といったら有名な構図の1枚。
広角LOVEとしては外せない構図なのです。城と川、山に橋も入れてワイドに撮りたいんだよねー。
これもそうとう露出をいじりました。曇りだったので、全体的にぼやっとしちゃうんだよね。
川に写りこむ山を入れたかったのです。
これも好きな構図なんだけど、うーん。どことなく、教科書に載っている写真のようでつまらない???

名古屋城 西北隅櫓
そして名古屋と言えば名古屋城。でも、天守閣ではありません。
普段は公開していない西北隅櫓が一般公開中ということで、閉園前のギリギリにダッシュで駆け込みました!
夕日の中できれいな櫓と、空の青が変わっていく様子を撮ってみた。
ホームページ用にはこちらの横配置のほうが収まりがよいんだけど。

名古屋城 西北隅櫓
縦配置も良いなぁ〜。写真教室に行かなかったら、縦にはカメラを構えなかったと思う。

名古屋城 天守閣
そして天守閣。せっかく名古屋ならではの「金のしゃちほこ」があるのだから、夕日も金色に見えるように露出をいじってみました。でも、プリントアウトしたら、そんなに「金」ではなかったんだよな。
カメラのディスプレイ、PCのディスプレイ、プリントアウトしたもの。
すべて見え方が異なるので、難しい・・・。

名古屋城 天守閣
構図的にはこちらも気に入ってます。天守閣の入口はものすごく人がいて混み合っていて、撮影しにくいんだけど、裏側は人もまばらで、本当に城好きな人しかここまではこない。そして西陽が当たってきれいで、なかなかの写真スポットなのです。
これも構図としては面白いかも。

と、提出用にいろいろ迷ったあげく、写真教室で評価してもらったら、満場一致でこの写真が良い!ということになりました。

名古屋城 天守閣
でーん。これが尾張の名古屋城だ!

名古屋城くらいの大きさになると、下から仰いで撮ることってなかなか難しいのです。
さらに正面だと、とにかく観光客が多いので人がジャマ!撮りにくい。

うーん。この写真。提出用には地味かな。と思ったんだけど、構図が面白いということで、これに決まりました。

以前、東京タワーを撮影した時に「構図が大胆だ」と感想をもらったことがあったんだけど、どうやらワタシはそういう写真が持ち味のようですポッ

前から思っていたことではあるんだけど、写真って撮影する人の人柄というか、キャラクターが出るものだと思うのです。
今回、写真教室に行って他の参加者の撮影したものを見て、人によって仕上がり方が違うんだなぁーと実感しました。
本当に写真って面白い。

写真好きな仲間ができたので、今までは「撮影したいから(他の人に迷惑をかけないように)ひとりで行く」とか、「友達と別行動してまでも撮りたいものは撮る」だったけど、仲間と撮影が目的で集まる。というのもやってみたいなぁと思いました。
「ガチ一眼の本格カメラ好き」ではなく、「ミラーレス扱い始めたばかり」なそこのヒヨコなカメラマン!
撮影行きませんか?ウィンク

↓このブログの成分解析はコチラ♪ ぽちっとひと押しで応援よろしく!
blogram投票ボタン

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Search

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM