アンのゆりかご―村岡花子の生涯

「カーネーション」以来、朝ドラは興味がなくて見てなかったのだけど、久々に面白いと思った朝ドラ、キター!てれちゃう

連続テレビ小説 花子とアン」。
赤毛のアン 」を日本で初めて翻訳した村岡花子さんの一代記。
こういう昔の女性の一代記がワタシは好きなんだなぁ。

第1週目から赤毛のアン へのオマージュのようなエピソードが赤毛のアンのファンの心を揺さぶりますわニコニコ


日曜の夜にやっていた世界名作劇場の赤毛のアンは好きではなかった。
絵がかわいくなくって・・・。

でもその後、1985年にミーガン・フォローズ主演で製作された映画「赤毛のアン 」を見て、プリンスエドワード島の美しい自然だけでなく当時の家や洋服、雑貨などに魅入られました。ラブラブ

カントリー調のものが好きなわけではないんだけど、あの世界感が良い!

プリンスエドワード島(略してP.E.I.)には本当に行きたくなり、大学時代、カナダのモントリオールに友達が留学していたので、遊びに行った帰りに行こうと画策したんだけど、当時は(今でもかもだけど)あまり交通のアクセスが良くなくて、モントリオールも「カナダ東部」ではあるものの、東の端のP.E.I.に行きつける自信がなかった・・・。ふぅ〜ん
今でもP.E.I.は憧れの地さ。るんるん

で、朝ドラの話。
脚本が中園ミホさんだというのでいろいろと仕掛けてくるだろうなぁ。と思ったら、赤毛のアンのエピソードがたくさん!

背中に妹をおぶって授業をうけていたところ、妹にちょっかいかけてきたイジワルな奴と幼馴なじみの朝市とを間違えて石板で朝市を殴りつけたり」
赤毛を「にんじん」とからかったギルバートを石板で殴りつけた。

「花子と呼んで」と呼び名にこだわったり。
「eのつくAnneと呼んでほしいとマシューとマニラ兄妹に言っていた。

21日の週からは仲間由紀恵さんも加わってさらに面白くなった!
はうぅ。仲間さん、やっぱり美しい〜。
明治大正の歌人である柳原百蓮をモデルとした人物の葉山蓮子
「大正三大美人」と言われていたそうな。
演じている仲間さんは自髪で結った髪形からして大正美人の雰囲気を醸し出している。
実際でも柳原百蓮は村岡花子のご学友だったようで、物語を転がしていくキーマン。
美人で「大正天皇のいとこ」で伯爵家の令嬢、でもバツイチという誰が演じても難しいだろうけど、時代物の仲間さんはとにかく映える!

ダイアナと一緒にお酒を飲んじゃうエピソードでは、花子は誰にお酒を飲ませてしまうんだろう・・・。
と楽しみにしていたら、なんと、蓮子さまに花子が飲まされてしまうという展開!
中園ミホ、そう来たか!わーい
本家のエピソードを用いつつも良い感じでアレンジされています。


そう。中園ミホの脚本が良い。
1週目の冒頭は「赤毛のアン」を翻訳している様子が出てくる。
その翻訳部分がその週の伏線となっていたりする。
老け役の吉高由里子が健闘してます。
女優さんって朝ドラや大河といえど、老け役の時にでもお顔はツルツル。皺ひとつない。
吉高ちゃん、最初は誰だかわからなかったよ。というくらい老けてます。たらーっ
でも声が低くないのでアンバランスなんだけどね。たらーっ

女学生達の着物もかわいらしく、アンティークの着物を探してきているようだけど、美しい登場人物たちとお着物に見ているだけでため息が。
この女学生達も高梨臨ちゃんを筆頭に素敵なんですわ。
高梨臨、かわいいよなぁ〜。
朝ドラの「おひさま」の時はやたらキャッキャした登場人物ばかりで見ていて苦痛だったけど、「花子とアン」では良家のお嬢様が集まっている設定だからかな。
落ち着いた関係で朝から見ていて疲れない。ポッ
ゆったりと見ていられるドラマになってます。

そして肝心の「翻訳」がどうかかわって行くのか。
村岡花子は一生懸命英語を勉強してトップの成績。
蓮子さまに通訳してあげている様子が本当に通訳している人のようで、吉高ちゃん、うまいなぁ。と今週は実感。

さらにこのドラマは与謝野晶子などの古典も知っているとさらに楽しめる。
蓮子さまの与謝野晶子を引用とした強烈な皮肉がわかるとなお面白い。
いやー。よく練られているわー。

それでもワタシが一番楽しみにしているのは美しい蓮子さまラブ
朝からぼけーっと見惚れてしまう。ラブラブ
来週の予告で「ロミオとジュリエット」のジュリエット役をやっている様子が出てきたけど、仏頂面だった蓮子さまが自然に笑っていて、その美しさに萌え〜。ポッ
美しすぎる!ニコニコ

この1週間でトラブルメーカーぶりを発揮していた蓮子さまだけど、知性のある皮肉で今後も富山先生や白鳥かをるこ様とバトっていただきたい。ウィンク


今週の蓮子さま。
蓮子さま VS 富山先生 1勝:0敗
蓮子さま VS 白鳥かをるこさま 2勝:0敗 


ハリセンボンの近藤春菜演じる白鳥かをるこさまと対立している時が一番面白いるんるん
ということは、近藤春菜もうまい、ってことだよな。

アンのゆりかご―村岡花子の生涯
買って読みたいんだけど、話の進み具合をドラマと一緒に楽しみたいような気もして迷う。
うーん。読むべきか、読まざるべきか。それが問題だ。ふぅ〜ん


JUGEMテーマ:吉高由里子
JUGEMテーマ:仲間由紀恵

このブログの成分解析はコチラ♪ ぽちっとひと押しで応援よろしく!
ブログランキングならblogram

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/944195

Search

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM