江戸東京博物館(えどはく)で開催されている「大関ヶ原展」に行ってきましたラッキー

ネット上では「激混み」と言われていたので覚悟はしていたけれど、まぁ人が多いこと、多いこと。びっくりですわ!
あまりの人の多さに、まずは常設展示を見学。
今年の3月に常設展示が入れ換わったということなので、これも楽しみでした。
外国人や子どもが見学に来ても楽しめる「体験」というか「展示」が増えていました。


「江戸城」復元模型が追加されていました。
天守は全体の大きさの比較のため、あえて作ったそうな。
でも、天守自体の大きさがわかりにくいから、その大きさがわかる仕組みがあったらよいかなぁ。と思いました。
「姫路城の天守よりも体積は大きいのよ。」とか。
 




深川の江戸資料館にあるような「江戸のファストフード」の屋台たち。
お寿司屋さんと蕎麦屋さんがありました。
蕎麦屋の屋台、いいなぁ。どうやってお湯を沸かすんだろう。とマジマジと魅入ってしまった。

寿司や蕎麦は江戸時代のファストフードなのです。
気が短い江戸っ子のために「とにかく早く提供できるものを!」ということで蕎麦や寿司は広がって行きました。
あと、江戸の町は参勤交代のお伴できた人達のいわゆる「単身赴任族」が多かったので、こういった手軽な食事が喜ばれたのです。
お寿司はもとは「なれずし」だったけれど、酢につけこんだりして保存の方法が確立していくうえで、現在のような形態の「お寿司」になりました。

という食について詳しいのは、東京シティガイドの受験の時に勉強したから。
「江戸の食」についての知るのは面白かったりします。

で、これ、クリアファイルであったらほしい!と思った展示。


液晶ディスプレイに街道と宿場町や主要スポットがマッピングされていて、江戸の周辺の特産物がどこでとれたか?というのがわかるようになってます。
「味噌」とか「醤油」とか選択すると、どこでとれたか?が赤く表示されるのです。

この表示、すごくよくまとまっていて、クリアファイルがあったらほしい!ラッキー
車の運転ができないもので、道に疎いんだよな。
東京シティガイドの勉強でも「道路」が一番難関で、東京の道路地図を買って勉強しただよ。ノーノー

で、肝心の「大関ヶ原展」ですが、こちらは撮影NGなので写真はこざいません。

そしてとにかく混雑していて、人に酔いました・・・。

それでも「大」がつくだけあって、展示内容はものすごいですわよ。
江戸時代初期、幕末の「関ヶ原合戦図屏風」は大きさのわりに細かく描かれていて、テレビや新聞が無かった時代に「当時のことを伝えよう」「俺らってこんなに活躍したんだぜ。」的なものを伝えるにはこういう手段しかなかったわけで。
その迫力はすごかった。人の多さもすごかったけど。たらーっ

特に混雑がすごかったのが石田三成像の周辺。
なぜに三成の周りだけこんなに混んでいるのか!?というくらい。
ドラマの中での描き方による影響なんだけど、東の人間である私からすると三成は好きになれないけれど、関ヶ原における「悲劇」といえば、石田三成が象徴しているのでしょうか。

見どころである甲冑もすごい迫力だったけど、個人的に気になったのは家康の書状。
意外と筆まめで「ここぞ」という時には書いて書いて書きまくったというけれど、今も残っているってすごいんだな。

友達の友達が学芸員をやっていて、学芸員の仕事にこういった展示会を企画することもあるということを教えてもらったんだけど、それぞれの展示で「こだわり」が感じられて面白いなぁと思いました。
こういう仕事もやってみたかったかも。


そしてもうひとつ楽しみだったのが、リニューアル記念企画展でやっていた歌川広重の「名所江戸百景」展
当時の東京の観光ガイドですからね。
東京シティガイドとしては外せない。
当時の人は、これを見て「東京ってこうなんだぁ。」と憧れ、旅の参考にしたわけです。

写実的に東京の風景を描いただけではなく、「読み手の想像をかきたてられる」絵が多く、そして構図が超大胆!
写真の構図にこだわるワタシとしては、「おぉぉ。こういう写真、撮りたいんだよなぁ。」というお手本なのです。

これ、大胆だなぁ。こんな写真、撮りたいなぁと思うのがコレ!

四谷内藤新宿
馬のお尻だよ!? でもよく見ると前を歩いている人がいて、左側は宿場町だということがわかる。
あぁ。宿場町を旅している情景なんだろうなぁ。のどかだなぁ。と思ったり。

水道橋駿河台
こいのぼりが大胆だよなぁ〜。
江戸時代の当時、この高さでスケッチするのは不可能なわけで。
それでも町を行き交う人やこいのぼりの奥に見える富士山が「実際に見たとしても不可能な見え方」なんだろうけど、雰囲気は伝わるんだよな。

最も撮ってみたい構図がコレ!
はねたのわたし
船をこいでいる漕ぎ手の合間から見える風景。
ただの風景画ではなく、漕いでいる人はどういう人なんだろうなぁ。本職の人なのかな。など、想像してしまう。

そして最も気に入った一枚がコレ。
月の岬
月が出ているので夜だね。酒宴な感じだね。
左側の障子から女性の着物が見える。
障子の影から判断するに、遊女だな。
どんな宴席だったんだろう?遊女の格は?やっぱり美人だったんだろうなぁ。くぅ〜。顔が見えない!
ってか、宴席のあとはどうなっちゃうの!?
などと想像力をかき立てられるんだよなぁ。

展示には広重の遺言書も展示してありました。
それがけっこう指示が細かくて興味深い。
メインは「大関ヶ原展」だったけど、ゆっくりモノを考えながらみられる状況ではなかったので、ワタシとしては広重展のほうが印象が強く残ってしまいました。

「大関ヶ原」展は5/17まで。
4/21からは展示内容が一部変更になり、「後期」展示になります。
広重「名所江戸百景」展は5/10まで。

展示を見るために東京へおでかけませるんるん


このブログの成分解析はコチラ♪
ブログランキングならblogram

ポチっとひと押し、応援お願いします!
  にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

Comment
> ウォッカマティーニさん

意外と知られていない面白い博物館なんですよね。
東京に住んでても、行ったことがあるという人はなかなかいないです。
リピーターは多いですけどね。

大関ヶ原展、人が少なければなぁ・・・。
こんなにたくさんのお宝が一気に集結することってほとんどないと思うので、とても貴重でした。
  • ゆーか@管理人
  • 2015/04/26 08:53
江戸東京博物館は一昨年訪れましたが、精巧な模型をはじめ充実した展示内容に目を見張りました。
大関ヶ原展、かなりの混雑だそうですが、こちらも見応えありそうですね。
  • ウォッカマティーニ
  • 2015/04/25 09:49





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.uminomukou.ciao.jp/trackback/944234

Search

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

お気に入り




宣伝

海外旅行ならExpediaが安い!
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】

お世話になっています♪
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

管理人へのメールはこちら♪

ブロガーイベントへのお誘いや
リンクについてのお問い合わせは
こちらからご連絡ください♪
メール

<管理人について>

旅好き、散歩好き、東京をよく歩き回ってます。
海外旅行も好きだけど、今は、日本の城めぐりに
ハマってます。
日本100名城のうち、34城に登城。
先はまだ長い・・・。
城あるところに城下町がある。
城下町があればご当地グルメがある。


城とグルメはセットでしょ。と、
あちこち歩きまわる日々。
日本城郭検定準1級取得。
温泉ソムリエ
東京シティガイド9期生。
いつか、自分でガイドができるようになるとよいな。

ブロガー活動/モニター活動歴
・濱田家×福島県 〜銘柄 福島牛を味わう
・日本旅行 たびーら 金沢を先どり!
・美いね!高麗紅参茶に初挑戦!
・イーブン ベター エッセンス ローションを使ってみた
・ピュアフリーアイラッシュを使ってみた

ブログランキングに参加中!

ポチっとひと押し、応援お願いします!

旅行・観光 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

Archive

Recommend

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法 (JUGEMレビュー »)
近藤 麻理恵
ノウハウ本なんて大嫌い。
人に押し付けられるのなんてまっぴら。
そんなワタシがハマった片づけ本。
「断捨離」の字面と響きは嫌いだし、「とにかく捨てる」という考え方は同意できなかったんだけど、「ときめくものだけを残す」という捨て方と、捨てた後の片付け方法については目から鱗でした。
片づけられない人、片付かない人にはおススメです!

Recommend

ニッポンの嵐 ポケット版
ニッポンの嵐 ポケット版 (JUGEMレビュー »)

「アイドルの旅エッセイ」と思うなかれ。深いです。情報量ものすごく多いです。特に大野くんの青森編が超お気に入り。実際に行ってきちゃいました♪あおもり犬、かわいかった♪

Recommend

食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。
食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。 (JUGEMレビュー »)
池田 陽子
読みやすく、らく〜に薬膳生活が送れるというこの本。
なんせタイトルが「ゆる薬膳。」というだけあって、ゆるい。非常にゆるい!説教臭いことなんてまったく書いてありません!
深夜まで残業当たり前。飲むときゃ飲むよ。ガンガンとね。ってなOLがそのまま実践できる秘密がたくさん!考え方さえ理解すれば、手軽に健康に美しくなれるのです!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 【♪音楽♪】 superflyがミスチルに聞こえます。
    名無し
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ゆーか@管理人
  • 【日々徒然】 大関ヶ原展 に行ってきた。
    ウォッカマティーニ
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    ゆーか@管理人
  • 【一人暮らし協奏曲】「土鍋で育てるシャキシャキ野菜」と「ベジフィール レタス」でプチ家庭菜園生活
    kosuzu
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ゆーか@管理人
  • 豊臣秀吉の茶会について調べてみた
    ウォッカマティーニ
  • 【旅行記】紅葉はこれからが見ごろ!? 鬼怒川&日光に行ってきた
    ゆーか

Link

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM